HОME 取扱商材 オリジナル商品 会社案内 お問い合わせ
 
 

  エアコンの故障「簡易診断」

エアコンを工事されていて、万が一エアコンが故障して「エラー」表示された時に、「何が起こっているか分からない。」ではちょっとかっこがつきませんね。
修理はメーカーに頼むにしても「自分のミスかもしれない」可能性があるならば、少し内容がわかったほうがいいですよね。電気系統の故障はメーカーに見てもらう事にして、ここでは 冷媒回路系の故障診断を解説します。(こちらの情報は各メーカーの技術資料などを参考にしました。)

@高圧圧力が低すぎるエラーの原因(冷えない、暖まらない)

・冷媒量不足:設置時・修理時のガス不足。ガス漏れによるガス不足。
・冷媒回路詰まり:冷媒回路内に異物(銅管の切粉なども)が混入して膨張弁や毛細管を詰まらせて、冷媒が循環しない。
・室内機に起因するもの:冷房時、風量小、熱交換器の汚れ、フィルターの汚れ、ファンの汚れ。
・圧縮機の不良により、高圧が上がらない。

A低圧圧力が低いというエラーの原因(高圧圧力が低いエラーに共通する部分が多いです。)

・冷媒量不足:設置時・修理時のガス不足。ガス漏れによるガス不足。
・冷媒回路詰まり:冷媒回路内に異物(銅管の切粉なども)が混入して膨張弁や毛細管を詰まらせて、冷媒が循環しない。
・ストップバルブが全開でない。
・室内機に起因するもの:冷房時、風量小、熱交換器の汚れ、フィルターの汚れ、ファンの汚れ。ショートサイクル。
・室外ユニットの状況に起因するもの:暖房時、ショートサイクル、熱交換器の汚れ、極端な霜付き、積雪など。

B高圧圧力、上昇のエラーが出た時の原因

・冷媒過充填:設置時や修理時に冷媒を充填する必要があった場合に起こりうるエラーで、規定量オーバーか、追加充填量のオーバーです。
・真空引き不足:設置時や修理時に充分な真空引きが行われずに空気が混入すると高圧圧力が上がります。対処方は冷媒の入替えしかありません。
・室外ユニットの状況に起因するもの:冷房時、外気温が異常に高い、ショートサイクル(障害物などにより吐出空気を吸い込む)、熱交換器の汚れ、フィン詰まり。
・室内機に起因するもの:暖房時、ショートサイクル、フィルター詰まり、ファン汚れ、熱交汚れ。

*上記以外で実際にあった高圧が上昇する事例はこちら。

C吐出温度が高くなる原因

・高圧圧力が高い場合。(冷媒過充填を除いて上記Bを参照。)
・冷媒循環量が少ない。(ガス漏れ、詰まり)冷媒循環量が少ないと戻り冷媒による圧縮機の冷却が行われずに吐出温度が上昇する。

D吐出温度が低くなる原因

・低圧圧力が低い場合。(冷媒不足を除く、上記Aの記述を参照)
・冷媒の過充填。冷媒循環量が多いと圧縮機の温度を下げます。

E吸込温度が高くなる原因

・冷媒量不足。
・冷媒回路の詰まり、ストップバルブが全開でない。吸込温度が高いと吐出温度が高いはセットで現れる。

Copyright © 2015 株式会社 エイワ さいたま営業所 All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座